ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


ヨルダン


ヨルダンについて

ヨルダンの象徴とも言うべきは、1000年以上も前に岩を彫って造られた、ナバテア人の古代都市ペトラの彫刻群だ。ここは、あの有名な映画、「インディー・ジョーンズ/最後の聖戦」のラストシーンにも登場している。ペトラは中東で最も注目を集める遺跡のひとつだが、ほかにもヨルダンではたくさんの魅力が旅行者を待ち受けている。
海と砂漠をつなぎ、東洋と西洋との架け橋でもあるヨルダンは、肥沃で千変万化のヨルダン渓谷から、広大で静寂に包まれた、人里離れた砂漠の渓谷まで、心を奪われるような美しさとコントラストを備えた場所。
この国を訪れれば、美しい砂漠の遺跡を探検し、ワディラムの荒漠たる風景に畏敬の念を覚え、紅海での海水浴で安らぎの時間を過ごすことができる。冒険好きの人なら、乗馬、四輪駆動車のサファリライド、ロッククライミング、ハイキングを楽しむことができ、のんびりしたい人は、紅海とスパ施設巡りがお勧めだ。

ヨルダン旅行の人気エリア

アンマン旅行

ヨルダンの首都であり、中東有数の世界都市。

ヨルダンの基本情報

正式名称

ヨルダン・ハシェミット王国

首都

アンマン(Amman)

通貨

ヨルダン・ディナール(JOD)

人口

約585万人

言語

アラビア語(英語も通用)

宗教

民族

アラブ人(98%)。パレスチナからの避難民が多い。

面積

8.9万平方キロメートル(日本の約4分の1)

位置

中東・西アジア

気候

四季があるが、春と秋が非常に短い。冬場は雪が降ることもある。1年を通して乾燥している。

時差

日本との時差は7時間。ヨルダンが正午のとき、日本は19:00。サマータイム期間(4月から10月頃まで)は時差6時間。

ヨルダンの旅行情報

ヨルダン旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

ヨルダンの観光スポット

ヨルダンにはたくさんの見所がある。その中のひとつ、死海はヨルダンの中でも有名な観光地だ。海面下400mに位置する死海は、世界の中でも感動的な絶景を楽しむことが出来るヨルダン渓谷内で、2000年代に入ってホテルの建築ラッシュが起こり、リゾート化が進んでいる。沿岸のイスラエル、パレスチナも同様に観光開発に力を入れている様子。

地球の表面で最も低い位置にある死海の広大な水面には、ヨルダン川を始め、多くの川が注ぎ込んでいる。そのため、水が死海に注がれると、行き場がなくなりそこに閉じ込められてしまう。この地区は、聖書に出てくる 5つの都市、ソドム、ゴモラ、アドマン、ゼボイム、ゾアルがあった場所として考えられているが、人口も少なく、閑静な場所であった。

道路が整備され、スパやフィットネス施設が整ったホテル群に加え、考古学的、精神世界的な発見があるこの地域は、かつては王や皇帝、商人、預言者、巡礼者たちを、そして現在では世界各地から訪れる人々を魅了している。

ヨルダンのグルメ

そんな中でもヨルダンの国民食といわれるほど一般的に食べられているのは、古いベドウィン料理からきたといわれるマンサフという、ご飯の上に、ヨーグルトソースで煮たラムを乗せて食べる料理だ。

野菜とともにラム肉を串刺ししたシシカバブや、野菜とお米のキャセロールのようなマクルバ、お米やひき肉を葉で包んだマハシ・ワラク、肉や野菜をピタパンにはさんだ屋台料理のシャワルマ、パセリのサラダ・タブーラ(タブーリ)、挽き割り小麦の中に肉などの具を包んで揚げたコッパ(ヨルダンではキビと呼ばれる)などもよく食べられている。

ヨルダンには様々なお菓子も売られている。中でも、ナッツや蜂蜜をたっぷり使ったペーストリーのバクラヴァ、ナッツや山羊チーズを詰めたカナファ、ローズウォーターやオレンジで香りづけしたミルクプリンのモハラビヤなどがヨルダンで人気のお菓子。

飲み物ではアラビアコーヒーがポピュラー。またヨルダンはイスラム教徒の多い国だが、お酒の戒律はさほど厳しくなく、アラックというアニス風味の蒸留酒が国内で造られている。

ヨルダンのアート

ヨルダンでは、アート巡りも楽しむことが出来る。ヨルダンの芸術や、文化活動を支援する多数の文化センターがある。映画も、オリジナルのサウンドトラックとアラビア語字幕で上映される。ヨルダンの美術界は、女性芸術家のおかげで、急速に発展し、アラブ諸国からやって来た芸術家たちは、ヨルダンに自由を見出した。

ヨルダン国立美術では、ヨルダンとアラブの現代芸術家による選りすぐりの絵画、彫刻、陶芸品のコレクションを展示していて、ヨルダン芸術家協会では、アンマンのアトリエおよび美術館ツアーの手配もサポートしている。ヨルダンを訪れたら、ぜひ豊富な古代民芸品も楽しんでほしい。

ヨルダンの伝統的な民芸品は、多くの世代に受け継がれて、ヨルダンの人々は、自分たちの手で敷物を織り、陶器や調理器具を作ることで、日々の需要を満たしてきた。美しい手製のグラス、使いやすい陶器、熟練した技術で編まれたかごや手織りの絨毯、見事な刺繍など、ヨルダンの民芸品には、印象的なアラブとイスラムのイメージがバランスよくブレンドされている。

ヨルダンの宗教

ヨルダンは古代からの文化を今に残す、現代的な国と言われている。国は民族的および宗教的に多種多様な人々で構成されていることを重視しているため、この国は、全国民の文化的権利を保証している。小さいころからイスラム教の宗教的環境で育つが、ヨルダンではかなりの数のキリスト教徒がいて、キリスト教の教会も街の中には多く見られる。アンマンの南のマダバという町は、キリスト教徒が90%もいるそうだ。

国民と直接交流することで、様々な宗教の理念を探求できるかもしれない。ユダヤ教とキリスト教に端を発する長い伝統を誇るイスラム教徒は、神からの人間へのお告げを網羅しているのはイスラム教であると信じている。イスラム教とは、アラビア語で「服従」を意味し、神を唯一無二の存在として、その完全性と支配権を主張している。

イスラム教徒はコーランに豚肉と酒は口にするなとの記述があるので、豚肉と酒は絶対口にしない。豚肉は衛生上の理由、酒は酔って神様のことを忘れてしまうから、とのこと。しかしキリスト教徒や外国人のために、アンマン市内には豚肉屋や酒屋が用意されている。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

ヨルダン旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
中東・アフリカ - ヨルダン
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る