ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


ケニア


ケニアについて

ケニアはアフリカ東部、赤道上に位置する。首都はナイロビでアフリカ有数のグローバル都市である。地方には農耕民族のキクユ族や遊牧民のマサイ族など約40の部族が住んでいる。多数の大型動物が棲み、時間を超越した文化や、海辺とサンゴ礁、熱帯林、巨大な山々、砂漠、涼しい高地地方など自然が溢れており、多数の観光客が訪れる。また、観光はケニアの重要な産業である。

ケニア旅行の人気エリア

ナイロビ旅行

東アフリカを代表するアフリカ有数のグローバル都市。

ケニアの基本情報

正式名称

ケニア共和国(Republic of Kenya)

首都

ナイロビ、人口:約310万人(2008年現在)

通貨

ケニア・シリング(K.shs)

人口

2008年現在:3,877万人

言語

スワヒリ語、英語

宗教

プロテスタント、カトリック、伝統宗教、キリスト教、イスラム教

民族

キクユ族、ルヒヤ族(ルイヤ族)、ルオ族、カレンジン族等ほかにマサイ族、サンブル族、トゥルカナ族、ソマリ族など42部族。

面積

58万0367平方キロメートル(日本の約1.5倍)

位置

アフリカ東部の赤道直下にある国。北にエチオピア、北西にスーダン、西にウガンダ、南にタンザニア、東にソマリアと国境を接し、南東はインド洋に面する。

気候

ケニア中央部のハイランド地区は、海抜1700mの高原サバンナ気候で、赤道直下にもかかわらず平均気温20℃という涼しい気候になっている。日中と朝晩の気温差があり、日中は平均25℃~30℃、朝晩は10℃前後になる。ケニアの北部と北東部は、非常に乾燥しており暑いエリアである。日中の最高気温は、34度にも達す。ケニア北部のスグタバレー(Suguta Valley)は、地球上で最も暑い場所のひとつとして知られている。ほとんどの地域で最も降雨の多い時期は、11~4月である。

時差

日本との時差はマイナス6時間

ケニアの旅行情報

ケニア旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

ケニアの空の玄関口

ケニアの空の玄関口はケニアの首都、ナイロビにある共用飛行場であるジョモ・ケニヤッタ国際空港。ケニア航空のハブ空港である。空港名はケニアの初代大統領であるジョモ・ケニヤッタから命名された。日本からはケニアに行くには直行便はないので、ヨーロッパ経由かアジア経由で行くことになる。日本からは香港、バンコク、ドバイからナイロビへまたエジプト、インド、スリランカなどの国を経由していくこともできる。ジョモ・ケニヤッタ国際空港は、現在東アフリカ最大の拠点的空港として各地に路線が開かれている。

ケニアの世界遺産

(文化遺産)ラム島の旧市街
ラムはケニアのラム島最大の都市。ラム地区の行政庁所在地でもある。東アフリカの土着文化とイスラム文化が融合したスワヒリ文化は、9世紀頃にインド洋を渡ったイスラム商人の影響を受けて誕生した。ラムの旧市街は、そのスワヒリ族の住居で、14世紀から現在まで、その歴史や文化を損なうことなく建物もそのままの形で保持してきた。世界遺産のラム島旧市街を歩けば、珊瑚とマングローブの木材を用いた白壁のスワヒリ伝統建築が多く見られ、20以上あるモスクはイスラム文化の名残を偲ばせる。

(自然遺産)ケニア山国立公園
ケニア山国立公園は、首都ナイロビから北方へ約100km、ケニアの中央部にある大自然と動物たちの楽園。アフリカ第二位の山であるケニア山(5199m)一帯を保護するために、1949年に設定された国立公園である。氷河を冠した頂上と中腹の森林地帯は、東アフリカ第一級の絶景をなしており、標高4000m前後には湖、2000~3000m以下に森林地帯が、2000m以下の山麓には高原が広がっている。標高3600m以上の高山帯では、アフリカ固有のジャイアント・セネシオなどの高山植物が群生している。また、ゾウ、バッファロー、カモシカなどの野生動物も数多く生息する。

歴史

1884年にマッキノンがザンジバルのスルタンから貿易特許を取得し、イギリス東アフリカ会社を設立した。当時、東アフリカではドイツ、イギリスが植民地獲得の競争をしていた。1895年東アフリカ保護領となり、植民地経営が本格化した。1902年、現在のケニア全域がイギリスの保護領となり1920年、東アフリカ保護領は、ケニア植民地と命名された。第二次世界大戦中、アフリカ人の政治活動は非合法下に置かれた。1946年ケニヤッタはKAUの党首として活動し党勢は伸長した。1952年にKAUに対する強大な弾圧が開始された。同時にイギリスの植民地政策の転換を強いることにもなった。1954年、政府は土地・自治問題に関する変革に着手し、59年、アフリカ人によるケニア独立運動が結成された。60年にはケニア憲法会議が開催され、イギリスは政府樹立に踏み切った。61年の総選挙ではKANUが第一党を占めた。ケニヤッタが総裁に就任、KANUによる内閣が組閣され、63年12月12日にイギリス連邦内の自治国として独立を達成した。

ケニアのグルメ

ケニアお食事は、シンプルででんぷん質が多いのが特徴。ウガリはケニアを代表する主食である。とうもろこしを粉にして蒸した餅のような主食で、カチュンバリという薬味(トマト、赤たまねぎ、ホットペッパー、香草をそれぞれ刻んで混ぜたもの)と焼き肉やシチュー、野菜と一緒に食べるのが一般的。主食としては他に、じゃがいも、お米があげられる。これらの主食は、鶏肉、牛肉、ヤギの肉、野菜のシチュー、ほうれん草、豆、お魚などと一緒に給される。マトン、ヤギ、牛肉をお炭火でローストしたニャマ・チョマはケニアの典型的なメニューである。ニャマは肉、チョマはローストの意味。他にも、おやつにも食事にもなるチャパティや、インドの影響を受けて出来たケニア風ピロシキのサモサなんかがある。

ケニア旅行の格安航空券

ケニア旅行への航空券はこちらをおすすめ!

ケニアへの格安航空券をもっと見る

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

ケニア旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
中東・アフリカ - ケニア
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る