ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


イスラエル


イスラエルについて

イスラエルには多くの魅力が溢れる。聖書の舞台となった土地としてユダヤ教、キリスト教、イスラム教のそれぞれが聖地であり世界遺産でもある旧市街。人気の死海エステやダイナミックな地球の息吹を感じることができるネゲヴ砂漠、熱帯魚やサンゴを見ることができる紅海、地中海沿岸のローマの遺跡、北部に広がる豊かな自然など、その魅力は挙げればきりがない。国土は小さな国だが、たくさんの見どころが凝縮している。
北部はレバノンおよびシリア、東部はヨルダン、南西部はエジプトとそれぞれの国境に接しており、最南端の街、エイラットは紅海に面している。
首都のエルサレムはイスラエルが認める首都だが、国際的には承認されていない。地中海沿岸にあるテルアビブはイスラエル最大の商業都市で高級ホテルやマリーナなどリゾート施設が集中している。

イスラエル旅行の人気エリア

テルアビブ旅行

ヘブライ語で「春の丘」を意味するイスラエル最大の都市。

イスラエルの基本情報

正式名称

イスラエル国(State of Israel)

首都

エルサレム

通貨

シェケル(Shekel、略号NIS)。補助通貨単位はアゴラ(Agora)。

人口

7370000人(2008年現在)

言語

ヘブライ語,アラビア語

宗教

ユダヤ教(75.4%),イスラム教(16.8%),キリスト教(2.0%),ドルーズ教(1.6%)(2008年現在)

民族

ユダヤ人(74%)、アラブ人、その他(26%)(2008年現在)

面積

22000km2(東エルサレム及びゴラン高原を含む)

位置

中東

気候

気候は温暖で北側は比較的雨が多いが、南側はほとんど降らず、大半を砂漠が占める。気温は日本と同じくらいかやや高め。

時差

日本との時差はマイナス7時間

イスラエル旅行の格安航空券

イスラエル旅行への航空券はこちらをおすすめ!

イスラエルの旅行情報

イスラエル旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

イスラエルの観光スポット

地中海に面し、商業、文化、ナイトライフ、そして砂浜のビーチなど活気に満ちた賑やかな街、テルアビブ。世界屈指のリゾート地でもあり、ハ・メディナ広場の周辺は白亜建造物が並び「白亜の町」として世界遺産にも登録されている。

ディアスポラ美術館では、ユダヤ人の歴史と文化に関連した展示品を展示しており世界的にも有名。活気溢れるカルメルマーケットでは、衣類、雑貨、食品を手に入れることができる。エルサレム旧市街のお土産屋さんで購入するより、お得な買い物をすることができる。

イスラエルのフィルハーモニーオーケストラの定期演奏会は、世界中から観客を集め、クラシックファンはもとより全ての人に大きな感動を与えてくれる。

街から1マイル離れたところにあるJaffa Portは、紀元前3世紀までさかのぼる考古学的にも貴重な世界最古の港の1つで、美しいビーチ、驚きでいっぱいのold jaffaの蚤の市など夕食後の楽しみも盛り沢山。

イスラエルの世界遺産

地中海沿岸から40㎞ほど内陸に入った標高800mの山の頂にただずむ世界最古の都市、エルサレム。ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の世界三大宗教の聖地であり、世界中の人々から「聖都」として讃えられている。3000年の歴史の中で、いつの歴史も表舞台に立ち続け、現在も活気にあふれている希少な都市でもある。

世界遺産に指定されているエルサレム旧市街は街の至る所に歴史的建造物が溢れており、街そのものが史跡と言える。細い路地が複雑に入り組む構造は、まるで迷宮のようで訪れた者を虜にする。

十字軍によって建てられたエルサレム王国時代には、旧市街には4つの門があった。その後、スレイマン1世によって1538年に建造された城壁は全体で43の見張り塔と11の門があり、現在は7つが開放されている。それぞれの門に様々な言い伝えが残っており、城壁に上って上を歩くコースもある。

イスラエルのグルメ

一般の人がよく食べるファーストフードでファラフェルというものがある。ファラフェルとはひよこ豆やそら豆をつぶして団子状にしたものにコリアンダーやパセリなどの香辛料を混ぜて丸めて揚げたもので、コロッケのような中東の食べ物である。

欧米ではイスラエル式のひよこ豆のファラフェルが有名なため、イスラエルの食べ物と認識されることが多いが、エジプトから東地中海沿岸、アラビア半島南部、イランなど広い地域で様々な食べ方で愛されている。イスラエルではピタパンにファラフェルと野菜などを挟み、タヒーニ(ごまペースト)のソースまたはマヨネーズをかけてサンドウィッチ状にして食べることが一般的である。中に入れるものは自分で指定することができ、手軽にイスラエルの人々の食文化を堪能することができる。

死海

白亜紀以前はまだ海であったと推定されるヨルダン渓谷の中の死海。水面は海抜マイナス400mで、一番深いところは400mほどあり、広さは琵琶湖の約1.4倍である。海水の塩濃度が3%であるのに対し、死海の湖水は約30%の濃度を有する。濃い塩分濃度のため浮力が大きく人が死海で沈むことはとても困難である。

水着を着て実際に死海での浮遊を体験することができるが、長く死海に入ると浸透圧の関係で体の水分が奪われるため、一度に20分が限度とされている。また、死海の泥はミネラルを多く含んでいるため、昔から皮膚病やリュウマチ、美肌への効果が期待されており、肌に栄養を与えてくれるため、自然の泥パックを楽しむ人も多い。死海の泥を使ったエステも人気が高い。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

イスラエル旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
中東・アフリカ - イスラエル
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る