ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


オマーン


オマーンについて

オマーン(オマーン国)は、アラビア半島の東南端にある絶対君主制国家である。アラビア海に面し、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、イエメンと国境を接している。また、領海内には石油ルートとして知られるホルムズ海峡の航路がある。オマーンは、原油生産が鉱業の中心であり、天然ガスの産出もしている。国内には河川は無いが、国土の0.3%が農地でありナツメヤシやじゃがいもなどが生産されている。農業の従事者は悪 条件にもかかわらず人口の約9%を占める。オマーンは、古きアラビアと近代アラビアとの伝統が融合し、豊かな自然や遺跡など見どころが多い国といえる。

オマーン旅行の人気エリア

マスカット旅行

アラビア半島の北東端に位置するオマーンの首都。

オマーンの基本情報

正式名称

オマーン国(Sultanate of Oman)

首都

マスカット 人口約73万人(2008年)

通貨

オマーン・リヤル(OMR)

人口

約284万人(2008年)

言語

公用語はアラビア語。英語も広く使われている。他にはバローチ語やウルドゥー語など。

宗教

主にイスラム教。うち3/4はイバード派、1/4はスンナ派に属する。少数ではあるがヒンドゥー教やキリスト教の信者もいる。

民族

住民の半数以上をアラブ人が占める。その他バローチ人、イラン人、インド人など。

面積

約31万平方キロメートル

位置

北緯16度40分~26度20分、東経51度50分~59度40分の間、アラビア半島の東南端にある。

気候

オマーン全土は砂漠気候に属するが、地域によって気候は異なる。夏は沿岸地域では高温多湿、内陸部では高温乾燥型だが、内陸部でも山岳地帯などの標高の高い場所では年中温和な気候である。全般的に降水量は少なく降雨は不規則だが、大量の降雨や雷雨が時に洪水を引き起こすことがある。首都マスカットの気候は、夏は高温多湿で6月の気温は31度~48度、冬は温暖で1月の気温は20度~25度である。

時差

日本との時差はマイナス5時間

オマーンの旅行情報

オマーン旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

オマーンの空の玄関口

オマーンの空の玄関口は、首都マスカットの市街地から西へ32kmに位置するマスカット国際空港である。国のフラッグ・キャリアであるオマーン航空とバーレーンのフラッグ・キャリアであるガルフエアのハブ空港。周囲を砂漠に囲まれている。日本からの直行便はなく、ドバイやドーハを経由して行くのが一般的。所要時間は約12時間。その他バンコクをなどを経由しても行ける。マスカット国際空港からの移動はタクシーを利用する。出口にタクシーカウンターが設けられ、マスカット市内までは7~15リヤル。空港でレンタカーを借りることもできる。

オマーンの世界遺産

オマーンには4つの世界文化遺産がある(自然遺産も1件あったが、2007年登録を抹消されている)。 ・バハラ城塞 アフダル山の麓にある、13世紀~14世紀にかけて建造された4つの歴史的城塞のひとつ。以前は危機遺産のリストに登録されていたが政府の修復作業によってリストから除外された。

・バット、アル=フトゥム、アル=アインの考古遺跡群
アフダル山脈に残されているバットのネクロポリス、そこから西へ2kmにあるアル=フトゥムの塔、バットから南東へ 22kmにあるアル=アインのネクロポリスなど。同時期の墓地遺跡群として、世界的に見ても非常に優れていること、この地方での葬送儀礼の変遷を知るために、この様々な墓地形態の遺跡群が重要であることなどが登録にあたって評価された。

・乳香の土地
アラビア半島南部に残る、古代に乳香の交易によって栄えた遺跡のうち、ドファール地域内に存在するオアシス都市遺跡や港湾遺跡、交易路跡、乳香の群生地が対象である。

・オマーンの灌漑システム、アフラジ
アフラジとは、オマーンに3000以上ある地下水路を利用した灌漑システムであるファラジの複数形のこと。生活用水又は農業用水の供給などに用いられる。このうち5つのファラジが登録対象となっている。

オマーンのグルメ

オマーン料理と呼ばれるものは数少なく、インド料理とアラブ料理の影響を受けているものが多い。日常は野菜やレンズ豆、ラム肉、鶏肉などを用いた、マラク(野菜のカレー)やビリヤニ(炊き込みご飯)、ケバブなどの料理を食べる。お祝いの席では、マクブースと呼ばれるサフランで炊いたご飯に焼いたラムなどの肉や魚を添えたもの、シュウワと呼ばれる、1日以上かけて焼かれた肉などが出される。

マスカットの町にはインド料理やイラン料理、トルコ料理、レバノン料理、中国料理などの様々なレストランがあり、オマーンでは世界各国の料理を楽しめる。

オマーンの歴史

オマーン地域にはアラブ人が紀元前2世紀頃より定住したとされている。7世紀にモハメットがイスラム教を広め、イスラム勢力下となった。1509年にポルトガル人が渡来し、16世紀~17世紀はポルトガルによって支配された。1650年にポルトガルからヤアーリバ朝がマスカットを奪回。

19世紀末までオマーン海洋帝国と呼ばれ、オマーンの商船は商圏をインド洋全域とし、東アフリカ海岸部がその勢力下に置かれた。その後、東洋進出のための拠点としてヨーロッパ列強に利用され、争奪戦がフランスとイギリス間に起き、18世紀末にはイギリスとオマーンが同盟契約を結んだ。1741年に現王家であるブーサイード朝の支配が始まった。1804年には第5代スルタンにサイイド・サイード(サイード大王)が即位した。1832年、ザンジバルに遷都し、この時代に絶頂期を迎えた。1856年サイイド・サイードが死去。オマーンとザンジバルとに国土は分割された。

時代は帆船から蒸気船へと移り、急速にオマーンは衰退した。1891年にはイギリスによる保護国となった。1965年からドファール内戦がドファール地方の反乱によって始まり、1975年まで続く。1967年には石油の輸出が始まった。

1970年にクーデターが皇太子カーブース・ビン=サイードによって起こり自身は国王に即位し、父王サイード・ビン=タイムールは追放された。また、国名をそれまでのマスカット・オマーンから現在の名称に改めた。1971年にはイギリスの保護領からオマーンは独立を果たし、国連へ加盟。さらに2000年には世界貿易機関へ加盟した。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

オマーン旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
中東・アフリカ - オマーン
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る