ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         


ウズベキスタン


ウズベキスタンについて

壮大なイスラム建造物が魅力的なウズベキスタン。「シルクロードの中心地」としてソ連からの独立後には歴史遺産への訪問を目的として各国から多くの観光客が来るようになった。多くの世界遺産があり、空高くそびえるミナレット、美しい装飾タイルで飾られた壁や印象的な青いドームなど魅力が満載。
中央アジアに位置し、旧ソビエト連邦の共和国。北にカザフスタン、南にトルクメニスタンとアフガニスタンがあり、東のフェルガナ盆地はタジキスタンとキルギスの国境が入り組んでいる。国土の西部はカラカルパクスタン共和国として自治を行っている。国境を最低2回越えないと海に行くことができない二重内陸国でもある。
世界遺産やシルクロードもあり、砂漠でラクダに乗ることもできる。ウズベキスタンには開発されていない自然が残り、物価も安く、親日家も多い。ゆったり過ぎる時間の中、肌で異国を感じることができるとても魅力的な国だ。

ウズベキスタン旅行の人気エリア

タシュケント旅行

チルチク川の流域に位置する歴史的なオアシス都市。

ウズベキスタンの基本情報

正式名称

ウズベキスタン共和国

首都

タシケント

通貨

スム(UZS)

人口

2750万人

言語

公用語はウズベク語。ロシア語も広く使用されている。

宗教

主にイスラム教スンニ派

民族

ウズベク人(80%)、ロシア人(5.5%)、タジク人(5.0%)、カザフ人(3.0%)(2009年現在)

面積

44万7400km2

位置

欧州

気候

大陸性気候で夏は非常に暑く、冬は比較的寒い。昼夜の気温差も大きいが、西部の砂漠地帯から東北部の山岳地帯まで、気候にはかなりの差がある。

時差

日本時間からマイナス4時間

ウズベキスタン旅行の格安航空券

ウズベキスタン旅行への航空券はこちらをおすすめ!

ウズベキスタンの旅行情報

ウズベキスタン旅行の見どころや文化など、旅行情報はこちら!

ウズベキスタンの観光スポット

ウズベキスタンにはシルクロードのオアシスの道を結んだかつてのオアシス都市が点在し、今も多くの観光客がこの地を訪れることで有名。

シルクロードとは太古以来、アジアとヨーロッパ、アフリカを結んできた東西交通路に与えられた総称、すなわち絹の道である。以前は西域を通る隊商路を指しており、現在よりも範囲が狭く考えられていた。しかし、西域のオアシス地帯だけでなく、西のイラン高原からイラク、シリアや海路または陸路でローマに至っていたことに着目され、中国とローマを結ぶ交易路全体をシルクロードと呼ぶようになった。

今日では、中国から中央アジア、西アジアを経てイスタンブールやローマに至る交通路全体を指し、さらにユーラシア大陸北方のステップ地帯を通る草原の道や、インドから東南アジアを迂回する海の道もシルクロードに加えるようになった。つまり、シルクロードは大別すると草原の道、オアシスの道、海の道の3つから成り立っているが、狭義ではシルクロードはオアシスの道を指す。

ウズベキスタンのグルメ

ウズベキスタン料理には、トルコや中国から伝わってきたと思わせるシルクロードを感じさせるような料理が多い。海がない内陸国のため、肉料理がメイン。中でも、羊肉が多く使われる。

ウズベキスタンの代表的料理、プロフはメインディッシュとして食べられる伝統料理である。大きな鍋にお米、綿や羊の油、にんじん、たまねぎ、肉を入れてゆっくり炊き上げてサフランで味付けをする。家庭でもよく作られる料理のため、味付けは地域や各家庭によって全く異なる。結婚式やお葬式などの行事でも食べ、朝食やおやつとしても食べるため、様々な種類のプロフがある。

食事の際に必ず出されるのが円形で固めのナン。地方によってスタイルが異なり、ヒヴァのナンは薄く花の模様が入り、サマルカンドのナンはウズベキスタンで一番おいしいと言われている。

ウズベキスタンの古都 サマルカンド

ウズベキスタンの古都であるサマルカンド。「文化交差路」として世界遺産にも登録されている。ステップ気候から地中海性気候への移行部特有の抜けるような青い空とモスクの色から「青の都」や「イスラム世界の宝石」や「東方の真珠」等と称賛され、2500年前に築かれたオアシス都市である。アムダリヤ川の支流であるザラフシャン川河岸にあり、機会、化学、綿花、絹、皮革関係の工業が行われている。

レキスタン広場、ビビハニム・モスク、シャーヒズィンダ廟群、ウルグ・べク天文台、アフラシャブ遺跡、グル・エミル廟など観光名所も多く、ビビハニム・モスクに隣接しているシャブ・バザールはとても賑わっており、歩いているだけでも楽しむことができる。

ブハラ歴史地区

ブハラ歴史地区として1993年ユネスコ世界文化遺産に登録されている。ブハラは、タジク人が約40%住んでおり、またユダヤ人も住んでいる多民族の街。

街の中心地にはラビハウズという池があり、ブハラ市民の憩いの場になっている。池の周りはレストランに囲まれて、夜遅くまで賑わいを見せる。こじんまりとした街で、メドレセ(イスラム神学校)やミナレットが多く建ち並んでおり、新市街と旧市街に分かれ、遺跡などは旧市街にある。「聖なるブハラ」と呼ばれるこの街は、かつてイスラムの文化的中心地として栄えた。

街には1622年に建てられたナディール・ディヴァンベギ・メドレセや「4本のミナレット」という意味を持つチャル・ミナール、「大きなモスク」という意味のカラーン・モスクなど他にも見どころが満載だ。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

ウズベキスタン旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
アジア - ウズベキスタン
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る