ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       


エアアジアX(AirAsia X)


エアアジアXについて

エアアジアXの歴史は、マレーシア航空経営再建の為、マレーシア航空が所有していたローカル約100路線がエアアジアに移管されたことに始まる。
コタキナバルのサラワク州及びサバ州のローカル路線の委託先として、フライアジアンエクスプレスを設立。設立当時は約40路線を運航していた。
2007年にトニー・フェルナンデス(エアアジアCEO)が、同社の運航する路線をファイアフライへ移管させる提案をした。そのため、フライ・アジアン・エクスプレスは全ての運航を終了した。
2007年10月マスウィングス(マレーシア航空子会社)が全ての路線を引き継ぐ。その際、AirAsia X へと社名を変更し、長距離路線のクアラルンプール-ゴールドコースト間に就航した。
2008年に杭州へ就航。2008年10月に新機材導入し、オーストラリアの就航都市を増加させた。
2010年12月に日本初就航となる、羽田-クアラルンプール線就航。2011年11月に日本への2番目就航となる、関空-クアラルンプールへ就航した。その後名古屋(中部セントレア)、成田にも就航したが、共に現在は運休となっている。今後は福岡-クアラルンプールへの就航も計画されている。また、2017年6月28日より関空-ホノルル線が週4便で就航を開始した。日本からハワイへの直行便はLCCとして初めてのことである。

エアアジアXの基本情報

正式航空会社名

エアアジア X

英語名

AirAsia X

通称

エアアジアエックス、D7

2レター

D7

3レター

XAX

日本発着路線

東京-クアラルンプール/関空-クアラルンプール 毎日運航
関空-ホノルル 週4便

ハブ空港

クアラルンプール国際空港

ネットワーク

アジア、中国、オーストラリアなど88都市

アライアンス

非加盟

所有機材

エアバスA320-200 エアバスA330

リコンファーム

不明(リコンファーム要・不要一覧

オンラインチェックイン

エアアジアXの情報

エアアジアXの機内食やビジネスクラスなど、エアアジアXの情報はこちら!

エアアジアX マイレージ

エアアジアXのポイントプログラム、いわゆるマイレージプログラムが「BIG」である。BIG会員になるとポイントの対象となる利用毎BIGpoint=BIGGIEを貯めることができ、貯まったBIGpointはエアアジアの特典航空券に交換することができる。また、ニュージーランドでのスカイダイビングや日本での買い物へも交換可能で、その特典交換に必要なBIGpointsに達していない場合でも不足分は現金で補うことができる。BIGpointの獲得方法としては、フライトに搭乗することはもちろん、マレーシア、シンガポール、タイ、インドネシアなどの東南アジアをはじめとする500を超える提携会社のご利用でも貯めることが可能。無料特典航空券への交換は日程が制限されるいわゆるブラックアウトの日程はなく、空席がある限り座席もプレミアムシートを含めた全座席が対象となっている。現在ポイント獲得による特典航空券への交換は500ポイントからでシンガポールークアラルンプール間片道相当となっており他にはクアラルンプールー東京は片道30,000ポイントに設定されている。

エアアジアX 機内食

エアアジアXでは、離陸後約1時間後に飲食販売のサービスが始まる。シートポケットに機内食のメニューがあり、ご飯ものから多国籍料理、サンドイッチ、郷土料理の中から選択可能である。 スナックやドリンクなどももちろん機内で購入することが可能である。航空券と一緒に機内食も予約できるのが魅力。もちろん、機内でメニューを見ながら決めることも可能である。

エアアジアX 機内サービス

食事が終わる頃、機内販売が始まる。シートポケットに「スカイショップ」(カタログ)が入っているので参考にしたい。オリジナルのグッズや、ボールペン、パスポートケースなどに至るまで種類が豊富である。機内販売の種類が多いのでフライト中、カタログを読んで過ごす乗客が多いようである。
また、2017年1月より有料で映画、テレビ番組、音楽、ゲームなどのエンターテイメントに対応しているXcite Tabタブレットの貸し出しも開始し、人気を集めている(ニュージーランド、ネパール、サウジアラビア行きは除く)。 タブレットの台数は限られているため、出発前に、事前予約することをおススメする。

ビジネスクラス

エアアジアXのプレミアム・フラットベッド・シートは、洗練さ、快適さ、便利さを追求した座席である。座席を倒すと、フルフラットベッドに。 利便性を一番に追求しているためコンセント、読書ライト、折畳みテーブルを各座席に完備している。
ヘッドレストやフットレストは調整可能なので自分に合った体勢でいることができる。また、エコノミークラスとは違い、ビデオ、オーディオのポータブル・プレイヤーといったビジネスクラス相当のサービスがある。
事前座席指定、優先チェックイン、優先搭乗、受託手荷物40キロまで無料、機内食付き、枕と毛布もサービスとして付いてくる。

エアアジアXの搭乗記1:羽田-クアラルンプール

WEBチェックインがご出発の14日前から4時間前まで可能である。オンラインチェックインをする場合はWEBにてBoading Pass(搭乗券)を印刷可能、空港でチェックインをする場合はチェックインカウンターにてチェックイン、受託手荷物の預け入れや保安検査、出国手続きを完了したら、ボーディングブリッジを渡り搭乗する。離陸後、マレーシア入国必要書類が配布され、しばらくすると機内食サービスの案内がある。食事後に機内サービスがあり、約7時間30分ででマレーシア・クアラルンプールへ到着する。

エアアジアXの搭乗記1:クアラルンプール-羽田

◇クアラルンプール-羽田◇ 羽田でのチェックイン同様、Boading Pass(搭乗券)を見せ、カウンターへ向かい、LCC専用のターミナルで搭乗まで待つ。その後、搭乗し、離陸後、税関申告書が配布される。7時間のフライトの後、羽田空港に到着する。
☆補足☆
・日本人客室乗務員が乗務しているので、日本語のアナウンスもある。
・機内食の予約をした場合、BORDING PASSに記載されており、配膳時チェックを受ける。

エアアジアXの格安航空券一覧

エアアジアXの格安航空券の一覧です。

エアアジアXの就航している都市

エアアジアXが就航している都市はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

海外旅行
格安航空券を検索する
出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る