ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       


ティーウェイ航空(T'Way Airlines)


ティーウェイ航空について

ティーウェイ航空についての画像

ティーウェイ航空は、2004年に設立された韓国初のLCC(格安航空会社)。
当初は韓星航空として設立され、2005年の清州-済州線就航に始まり、後にソウル(金浦)-済州線を就航させるも、2008年以降の経営難による全路線運休や免許取消し危機などの紆余曲折を経て、2010年、新たなスポンサーのもと、「ティーウェイ航空」に名称を変更して新たなスタートを切った。
日本へは成田・関空・福岡・新千歳(札幌)・佐賀・大分・那覇-ソウル(仁川)線、成田・関空-テグ線、関空-グアム線などが就航しているが、就航当初からLCCと呼ぶにふさわしいリーズナブルな価格設定が人気を呼んでいる。またフレンドリーなサービスをモットーとしており、スタッフ全員が様々な機内イベントを用意し、非常にエンターテイメント性の高い機内空間を演出している。

ティーウェイ航空の基本情報

正式航空会社名

ティーウェイ航空

英語名

T'Way Airlines

通称

ティーウェイ

2レター

TW

3レター

TWB

日本発着路線

成田-ソウル(仁川)
成田-済州(チェジュ)
成田-大邱(テグ)
関空-ソウル(仁川)
関空-済州(チェジュ)
関空-大邱(テグ)
関空-釜山(プサン)
関空-グアム
福岡-ソウル(仁川)
福岡-大邱(テグ)
佐賀-ソウル(仁川)
熊本-ソウル(仁川)
大分-ソウル(仁川)
新千歳-ソウル(仁川)
那覇-ソウル(仁川)
那覇-大邱(テグ)

ハブ空港

金浦国際空港(ソウル)

ネットワーク

ソウル(仁川)-日本発着以外にソウル(仁川)-バンコク、ソウル(金浦)-台北(松山)等の国際線も就航。

アライアンス

非加盟

所有機材

B737-800(189席)

リコンファーム

不要(リコンファーム要・不要一覧

オンラインチェックイン

不可 ※2018年1月現在

ティーウェイ航空の情報

ティーウェイ航空の機内食やビジネスクラスなど、ティーウェイ航空の情報はこちら!

ティーウェイ航空 機内食

ティーウェイ航空は、LCC(格安航空会社)となるため、機内食の提供は行われておらず、一部路線のみ軽食が無料が提供されている。飲み物では、ミネラルウォーターが無料で用意されている(※変更となる可能性あり)。有料となるが、機内にてコーヒーやジュース、韓国のカップラーメンやお菓子、おつまみなどの購入が可能である。ビールは有料(4USドル)での販売。支払いはクレジットカード(韓国発行のみ)、または現金(日本円・韓国ウォン・USドル)となるが、為替の変動により金額が異なる。

ティーウェイ航空 機内エンターテイメント

最近話題のLCCと同様、アルコールが有料、ブランケットは販売のみなど、従来のサービスを期待するわけにはいかないが、一方では誕生日、プロポーズ、結婚記念日など、事前に知らせておけば、工夫を凝らしたサプライズを用意して、忘れられない感動を届けてくれる。機内アナウンスを通してお祝いのメッセージをお伝えする機内アナウンスサービスや、声楽や楽器などでお祝いするサービスなどスタッフ各々が様々なイベントを用意している。他にもバレンタインデーやクリスマス等のイベント・サービスも取り入れており、スタッフ全員でお客様に楽しんで頂こうという姿勢がうかがえる。機内アナウンスは韓国語・英語・日本語で行われ、特に機長のユニークなアナウンスは好評。機内誌は韓国語のみだが免税品の販売も行っており、家族や友人の為のお土産購入が可能。

ティーウェイ航空 荷物

エコノミークラス利用者の受託手荷物許容量は日本-ソウル間は1名あたり15kgまで。関空-グアム線は1名あたり23kgまでとなる。また、座席を使用しない幼児に対しては10kgまでとなる。なお、32kg/3辺の和が203cmを超える受託手荷物は運送できないので要注意。他にもスポーツ用品等は特別料金として別途徴収される。また、大型楽器や大型スポーツ用品はサイズによっては預かり不可となるので事前確認が必要となる(楽器は1席分の座席購入で持ち込み可能となる場合あり)。一方、機内持ち込みの荷物に関しては、1名あたり縦20cm、横55cm、高さ40cm以内で、及び3辺の和の合計は115cm/10kgを超えないものは持込が可能となっている。

顧客満足度

韓国では初めて設立されたLCCとして福岡-韓国(仁川)間の就航を2011年の12月に開始してから約4年が経つが、2011年度の顧客満足度調査において7部門中、6部門においてTOPを飾るなど、格安航空会社にもかかわらず高い顧客満足の評価を得ている。
LCCでありながら飲食、機内サービスの一部が無料であることや、機内サービス、イベントなど独自のサービスが、お客様の満足感をより一層高めていることが伺える。
低コストに抑えつつ、機内エンターテイメントを充実させるのはLCCの腕の見せ所となり、ティーウェイ航空ならではのユニークな機内アナウンスは航空業界の常識を打ち破るほど、搭乗者に親近感を与えてくれる。就航期間が浅く、まだまだ日本人の認知度が低いためか利用頻度は高くなく、昨今のLCCブームに乗っかり国内のLCC利用と同じ位の需要を目指したいところだ。

お体の不自由なお客様のサポート

身体の不自由な利用者に、より安全で快適な旅を楽しんで頂けるよう様々なサポートがある。まず歩行が不自由な利用者には車椅子の貸し出しサービスがあり、空港出発、到着時に無料で利用可能。また搭乗口まで利用者ご自身の車椅子を利用する事も可能。(ただし到着地で搭乗ゲートから車椅子の利用を希望される場合は出発時に申し出が必要。なお電動車椅子を利用する場合は、予約の際に詳細の連絡が必要なので注意。)ちなみに機内でブランケットを利用する場合は10,000ウォンで販売されているので購入が必要。

妊娠中のお客様へ

ティーウェイ航空では、妊娠中の利用者が安心するよう、些細な質問にも気軽に応じてくれる。 搭乗に際しての諸条件は、妊娠32週(8ヶ月)を境に異なるが、まず、妊娠32週(8ヶ月)未満の利用者に関しては、医師(主治医)が反対しない限り、通常の乗客と同じように旅をすることが可能。別途書類の提出は不要となっている。(ただし出発の際、空港カウンターで申し出があった場合には、誓約書を記入して頂く場合もある。)一方、妊娠32週(8ヶ月)以上の場合は、誓約書・医師の診断書の提出が必須となる。なお診断書に関しては、出産予定日、航空旅行の適合性、初産・経産の有無およびその他の注意事項について記載されたもので、かつ出発の7日以内に発行されたものに限られるので注意が必要。尚、妊娠37週(9ヶ月) 以上の搭乗は不可となっているので注意したい。一方、誓約書に関しては、当日空港カウンターで諸事項を記入の上で提出する形になる。

ティーウェイ航空の就航している都市

ティーウェイ航空が就航している都市はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

ティーウェイ航空
格安航空券を検索する

出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
ティーウェイ航空
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る