ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

24時間パッとカンタン、スグ買える ena(イーナ)の海外/国内格安航空券予約

         
       


スクート(SCOOT)


スクートについて

スクート(Scoot)は、シンガポール航空による100%出資のもと、主に中・長距離路線を運航するLCC(格安航空会社)として2011年に設立された、比較的新しい航空会社だ。2012年6月のシンガポール~シドニー路線を皮切りに、同年10月にはシンガポール~台北~成田というルートで日本への就航も果たした。その後、2015年7月には、ボーイングB787-9(ドリームライナー)を投入して、シンガポール~関西路線(バンコクまたは高雄経由)の運航を開始し、LCCとしての存在感を更に増してきている。とかくエアバスA320など、ナロウボディ機(単通路機)が使われる事の多いLCCの中で、スクートは中・長距離路線の運航という事もあり、ワイドボディ(2通路機)のボーイング777-200や787型機などを使用しているのも特徴的。
またサービス面においては、有料ではあるもののバリエーションに富んだ機内食メニューや、エコノミー席にシートピッチの異なる3種類の座席設定を用意する等、個性的かつ現代のニーズに合わせた独自のサービスを提供している。2017年7月25日にタイガーエアと合併し、スクートブランドに統一した。

スクートの基本情報

正式航空会社名

スクート

英語名

SCOOT

通称

スクート

2レター

TR

3レター

SCO

日本発着路線

成田-台北-シンガポール
関西-高雄/バンコク-シンガポール
成田-バンコク-シンガポール
札幌-シンガポール
札幌-台北-シンガポール
関西-ホノルル

ハブ空港

シンガポール・チャンギ国際空港

ネットワーク

東南アジアを中心にインド・豪州・中国・日本など70都市に就航

アライアンス

非加盟

所有機材

B787:15機 Airbus320:23機

リコンファーム

不要(リコンファーム要・不要一覧

オンラインチェックイン

不可

スクートの情報

スクートの機内食やビジネスクラスなど、スクートの情報はこちら!

スクート 機内食

事前予約の機内食は、軽食やホットミールのセットが1,600~2,200円前後でオンライン予約可能。
また直接機内での購入も可能だが、全てシンガポール・ドル(以降、S$と略記)での価格表示となっている。サンドイッチなどの軽食で9S$、ホットミールが12S$、他にカップヌードルが5S$、ソフトドリング類が4S$、缶ビールが8S$といった具合である。(2017年11月現在の換算レート目安:1S$=100円前後)。
なお機内での支払いはS$が基本となり、日本円を含む他の通貨は紙幣のみ利用可能、かつ釣銭はS$で支払われる。スクート独自の換算レートを用いる為、かえって割高になったり、利用便の状況次第ではS$のみの対応となる場合もあるので、その点は注意。
ちなみに1回の支払額が10S$以上であれば、クレジットカード(VISA/Master)も利用可能である。

スクート 機内エンターテイメント

スクートは、LCCということもあってパーソナルモニターは一切配備していないが、「スクートTV」という独自のエンターテイメント・プログラム(有料)が用意されている。
搭乗者自らが持ち込むパソコンやタブレット端末に、映画や音楽、ゲーム等をストリーム配信して楽しめるという画期的なサービスで、利用するにはスクートTVアプリを搭乗前に事前にダウンロードしておく必要がある。
端末やブラウザの種類によっては利用できない場合もあるため、最新の情報はスクートのホームページにて確認してほしい。

ビジネスクラス

「スクートビズ」と呼ばれるスクートのビジネスクラスは、シートピッチが96cm、座席幅が56cm、全体をブラックレザーで包まれたラグジュアリーシートだ。ビジネスクラスというイメージで考えると通常のビジネスクラスより座席幅など若干小さめに感じるかもしれないが、フットレスト等の調整により頭部から足先までほぼフラットにできる為、見た目以上にリラックスできるはず。従来の航空会社のエコノミークラス並みの料金で利用できる醍醐味を考慮すれば、またはエコノミーより広くて同じ料金と考えれば、非常にコストパフォーマンスの高いビジネスクラスと言えるだろう。
また座席数は35席と、LCCとしては十分な数を確保しているので、台北など短距離で行ける国際線の旅をより快適に過ごすには、便利でお得な選択として一度試してみてはいかがだろうか。

独自の料金体系

スクートの料金体系は、「Fly」「FlyBag」「FlyBagEat」「ScootBiz」と4段階に分かれており、そのうちエコノミークラスに属する「Fly」「FlyBag」「FlyBagEat」に関しては、機内持ち込み手荷物として、7Kg以内且つ3辺の和が115cm以内のものが持ち込み可能となっている。
それぞれの区分は付帯サービスの有無により段階的に設定されており、「Fly」は文字通り飛行機運賃のみ、「FlyBag」は飛行機運賃+受託荷物15㎏まで無料、「FlyBagEat」は飛行機運賃+受託手荷物20㎏まで無料+機内食付き、という独自の運賃体系となっている。
一方、ビジネスクラスに該当する「ScootBiz」はパソコン用の電源を完備しており、機内持ち込み手荷物が2個で15kgまで無料、受託手荷物は30㎏まで無料、もちろんビジネスクラスなので優先チェックイン、優先搭乗などの特典もある。
また機内エンターテイメント・プログラム「スクートTV(※)」の視聴も無料で可能だ。
※搭乗者が各自持ち込むパソコンやタブレット端末に、映画や音楽、ゲーム等をストリーム配信して楽しめるサービス。現状では端末やブラウザの種類によっては利用できない場合もあるので注意。

エコノミークラス

スクートのエコノミークラスには、通常の「スタンダードエコノミー」をベースとして、追加料金で利用可能な「スーパー」「ストレッチ」と、合計3種類の設定がある。座席幅は共通で46cmだが、それぞれシートピッチ(座席の前後間隔)が異なり、「スタンダードエコノミー」で平均約79cm、「スーパー]はより広めの最大約86cm、そして「ストレッチ」に至っては最低でも86cm以上、かつそのほとんどが前方に席の無いバルクヘッド(隔壁に面する最前列の席)となっているゆったりとくつろげる快適なシートである。また、機材が787ドリームライナーの路線に限り、12歳以上のみ利用できる「サイレントゾーン」と呼ばれる前方の静かな空間も選択可能だ。
「スタンダードエコノミー」では少々狭く感じる程の広さの為、大柄の人や、足を伸ばして少しゆっくりという人は「スーパー」以上を選択するのが無難だろう。とはいえLCCの中ではシートピッチは比較的広い航空会社なので、長距離で安く旅行したい人には適した航空会社ではないだろうか。

保有機材について

現在(2017年11月)の保有機材はB787-8,B787-9が計15機、Airbus320が23機の、合計38機となっている。
以前は777-200が主流だったが、近年では新機材である787型機へと全体をシフトしてきている。2015年7月に新規就航した関西路線をはじめ、従来は777-200による運航だった成田路線に関しても2015年9月からはB787を投入し、結果、日本就航路線は全てB787型機で統一された。
なお、787型機は「ドリームライナー」の愛称で親しまれる次世代中型機である。燃費の向上により中型機ながら航続距離が長く、高度な電子制御により機体の揺れを軽減、湿度や気圧調整など機内環境の改善にも注力するなど、最新技術の粋を集めた画期的な新型機材として注目されている。
また、スクートは2017年7月25日にタイガーエアと合併し、スクートブランドに統一したが、タイガーエアが保有していたAirbus320も民間機として初めてデジタル式フライ・バイ・ワイヤ制御システムを採用した近・中距離向けのハイテク旅客機であり、日本国内はもちろん、世界中の国内線・国際線で活躍しているベストセラー機材だ。

バンコク・ドンムアン空港からご搭乗のお客様へ

スクートのチェックインカウンターは、第1ターミナルの7アイランドです。
搭乗手続きは業務委託しております、ノックエアーのスタッフが対応いたします。
変更になる場合もありますので、空港内案内図等でもご確認ください。(2017年11月現在)

スクートの就航している都市

スクートが就航している都市はこちらから。

※記載している情報は予告なく変更される場合があります。最新情報はご自身でご確認ください。

スクート
格安航空券を検索する

出発地
目的地
日本出発日(往路)
現地出発日(復路)
★さらに絞込みができます。
航空会社
スクート
座席クラス
人数
大人  人   子供  人

10人以上の方はこちらから

検索する

航空券+ホテル・セット割で検索する


上部へ戻る